ショッピングカートを見る
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
ショップ紹介
田中俊之
1978年生まれ あべの辻調理師専門学校卒。趣味はハイキング・料理。
フリーページ
rss atom
【扱いやすい】豪州産ダチョウ肉カットモモ 1kg
豪州産ダチョウ肉カットモモ(カット加工は国内)

約100g強の小口カット1kg入り(端数はサービス!)

便利で保存性のよい個別真空包装・冷凍です。



ダチョウはもともとアフリカの動物ですが、オーストラリアは世界の中でもダチョウ飼育の先進地です。

ちなみにダチョウ飼育の大元は南アフリカ共和国。1990年代以降はヨーロッパ、ロシア、北米、南米、東南アジア、中国、なんと北朝鮮でも?新たな畜産動物として世界中で家畜化が進んでいます。



ダチョウ肉の基本はモモ肉です。(飛ばないので胸肉はありません)まずはこのお肉からお試しになるのがスタンダードかなと思います。

もともとはアフリカの大草原を駆け巡っていたダチョウのモモ肉はよく発達した筋肉で、脂肪は少なく、プリッとした歯ごたえと旨味のある赤身肉です。



よくダチョウの肉の味は何に似てる?と聞かれますが、見た目は赤身なので牛肉や馬肉に似ています。でも、鳥類ですしやっぱり哺乳類の肉とはちょっと違うんです。牛肉や羊肉のような反芻動物独特のクセもありません、味わいが上品です。それでいて赤身肉の味がほのかに甘くフルーティーなんです。この甘味が旨味となり、力強い歯ごたえと相まって他の肉にはないアフリカの大地の力強さ、鳥類の王者を感じる肉はダチョウをおいてないと言えるでしょう。



ダチョウはエコな家畜であるとか、肉がヘルシーであるといった特徴はありますが、やはりその味が肉の概念を変えるほど個性的であり美味い。だからこそ日本でも家畜としての導入が進み、生産規模市場規模こそ大きくありませんが20年以上も愛され続けてきたのだと思います。



その旨味をじっくりと味わうにはタタキがお勧めです。

これも脂肪が少ない素材の方が美味しい調理法です。



ステーキもお勧めです。火が入りすぎると硬くなってしまうので、レアからミディアムレアくらいまでの焼き加減が良いです。

・ 型番
c-vm-f700
・ 定価
4,860円(内税)
・ 販売価格

4,590円(内税)

・ 購入数
・ 簡単レシピ(無料)